コロナ禍で不安いっぱい、でも 音楽文化は希望の灯り。

その真ん中は”音楽”を職業とされている音楽人・フリーランスの方々です。

仕事があっても無くても”生活に困らない” 安心の「社会ネットワークづくり」が絶対必要な今、日本はどうなっているのでしょうか。

公的な支えが最も期待される時、今日の寒さ以上にお寒い限りです。

このような危機的状況を先に見据えて、一点地域にこだわり、アマチュア音楽家育成の視点から多くのミュージシャンを支え続け、「社会ネットワークづくり」の基盤構築してきた人物に出会いました。

名古屋在住の「森かねまさ」さん。

 

(氏の率いるジャズ・ラブ・オケコンサート 指揮してるのが森さん)

中高を吹奏楽部、大学ではジャズオケで活躍し、高木麻早、八神純子、あみん、を世に出した人。そしてアマチュア音楽振興に傾注、愛トレやセントレア音楽祭のような場づくり、そのステージに多くのプロ・アマミュージシャンを乗せ、質・量のすそ野を広げていく。しかも 全くの「ボランティアスピリッツ」で。

(中部国際空港のセントレア音楽祭は15年継続、ラジオ番組にも出演し”言葉”でも啓蒙活動続けています)

平時見えないものが、非常時見えてくるのがレガシィ。森さんの培われたレガシィは”みんなの希望の灯り”となって明日に繋がっているのでは。

新年も現役の森さんは、この逆境のなか「縁の下的第一線」で活躍されるのでしょう。

今冬一番の寒さの今日は、どんなスケジュールで活動?知りたいものです。

私たちは一日のレッスンにこだわるだけのその日暮らしですが、それでも”森さんに習って”なんとか続けていきたいと・・。 (NH)