コロナ対策「フリーランスの芸術家への無制限の支援」

先日発表されたドイツ文化省 グリュッタース大臣の公式言明です。

「芸術家と文化施設の方々は安心して。皆さんを見殺しにしない」。

「自己責任でない困窮や困難に対応し救済します。経済的な救済であるだけでなく、

中止・キャンセルによって激しく揺さぶられている文化の世界を救うことでもあります」。

そう云えば ドイツ・メルケル首相の国民に向けての「コロナ対策演説」も具体的で明解でした。(NH)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください