教室潜入2年 証人尋問に立ったJASRAC職員の 貴女さまへ

7月9日 東京地裁の「音楽著作権公判」で証人台に立たれましたね。

「先生の演奏がまるで演奏会の場にいるような雰囲気を体感した」と証言されたそうですね。

聞けば、主婦を騙って2年間 銀座のヤマハ上級バイオリン教室にお通いだったとか。

正規のジャスラック職員(と思われる)の貴女さまが、何食わぬ顔で、月謝を払い 講師の動向とレッスン状況を克明に記録し、

そして台本通りの内容で、2年後証言台に立つ!

上級コース在籍といえば、幼少時とか学生オケとか かなりのバイオリン経験おありの方ですよね。

音楽教育のありよう、生徒と公衆、レッスンとコンサートの差異、私的権利と公益性の違いなど、よくおわかりの上、何より音楽を愛しておられる方と拝察しています。ジャスラックも、音楽啓蒙ための公益的活動の団体ではなかったですか。

そんな貴女さまが、例え”業務命令”とはいえ、2年間の長きにわたり「証言する」だけのためにレッスンに通われた苦痛を想います。こんなことの為にレッスン通いしている人、他にいませんでしたよね。お出になられた発表会終演時の、他の生徒さんの表情 いかがでした?

もしかして貴女さまが立ち向かうのは、こんな”苦痛”を強いる 所属する組織の方(ほう)ではないですか。

もしかして貴女さまが幹部職員であったり、身銭を切っての自発的行動だったりしたら・・・  (NH)