ピアノの名医 安藤欣之さん逝く

8月19日。

戦後の72年を駆け抜けて逝ってしまいました。

ピアニストやピアノ指導者を、永年支え続けてこられたピアノの名医。

津山市郊外に拠点を構えるも、安藤ファンは岡山県内にとどまらず、要望に応え愛車を駆し、東京まで活動の幅を拡げておられました。また夏休みには、一幼稚園ピアノに数日をかけて調律調整作業を行うなど、地域に根ざした地道な活動を継続、”生涯現役”を貫かれました。

本業はもとより、天体観測(自作ホールの名称も星座・アンタレス:自室・天窓からの撮影画像多数)に始まり、愛用の大型バイクで山野を駆け巡ったり、珈琲の淹れ方にこだわったり、タ芸で多才な 実に魅力的な趣味人、文化人でした。

8月26日 霊前にて。 合掌(HN)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください