街の移ろい人の移ろい(1)

ゆえあって、一か月岡山を留守にしていました。

いつもゆるく穏やかに時が流れている、この町の印象です。

でも学南町のOHKビルは更地に。マレット隣保の旅館跡では杭打ち始まって、町は動いています。岡山に戻って知ったこと。あの知床遭難の遊覧船は、ゆるややかな瀬戸内で使い古された遊覧船だったとか。ベトナム研修生虐待で摘発されたのも岡山業者でした。

一見平穏な日常も大きな社会との関わりで動いています。私たちも心せねば。(NH)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください