ショパンコンクール 異聞

11月のショパンコンクールの波紋が師走になっても広がり続けています。個性的なピアニストが輩出し、大活躍した日本だけの現象なんでしょうか。

昨夜もTV/報ステに反田さんが演奏ピアノ”FAZIOLI”でナマ出演(NHKにも出演とか)。毎日新聞にはこの数日間で大型オピニオン記事2本(梅津記者とコンクール審査員/海老彰子さん)が掲載されるなどフィーバーしています。

一方、音楽の裏方筋では使用ピアノの”変わりよう”が話題になっています。常連S,Y社製の消長、K社製の踏ん張り、F社の勃興!

ショパンに限らず、コンクールは演奏される「ピアノ」あってのもの、ピアノに光をあてたらもっと盛り上がるんじゃないかと・・コンクールに勝ち負け無し、としてもピアノはピアニストに選ばれなかったら負け。

毎日新聞のオピニオンにもう1本ぜひ。NHKには6年年前の「Nスぺ」(ヤマハを特集した)続編の制作オンエアをお願いしたいですね。(NH)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください