スケールの大きな新進ピアニスト 中桐望ピアノ リサイタル

瑞々しく華やかで、キラッと光る 異色のコンサートでした。

オールショパンプログラム。演奏前に中桐さんのショパンへの想いが

語られ、バラード3番、3つのワルツ、24の前奏曲全曲演奏に続いて

室内楽版・協奏曲2番(弦5のピアノ6重奏曲風)が締めくくり。

そしてサプライズ、 今秋ショパンコンクールへのエントリー宣言!

もちろん満席の場内 万雷の拍手です。

中桐さんは現在 ポーランドに留学中。地元岡山で ヤマハ音楽教室

に在籍中から注目していた逸材ですが、嬉しい限りです。

奇しくも今日「音楽は心と脳を育てていた・ヤマハ音楽教室の謎に迫る」

(吉井妙子著・日経)が出版されました。斜め読みしたばかりですが、

2002年 チャイコフスキーコンクール優勝の上原彩子さんなども熱く

語っていて、まるで今年の中桐さんにエールを送っているようです。

中桐さん頑張って!                    (HN)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください