昨夜の山陽(RSK)TVの人気番組・メッセージは「街が変わる」。

表町に現在建設中の市民ホールを素材に、”文化発展都市”造りを目指せ!と檄と飛ばす(RSKの心意気が伝わる)いい企画でした。視聴者も元気をもらえたのではないでしょうか。

3年先竣工の1800・900席の大中2ホールに既存のルネス・シンフォニーの2ホールが揃う岡山市表町。

ここを拠点に音楽・演劇・舞踊など地域発のエネルギーを生みだしていく。それを若い世代に託して!

(シンフォニーホールは岡フィルの音楽発信拠点・2000席))

(日銀跡にできたルネスは岡山ジャズの発信拠点にも・300席)

RSKのTV画面を通して旧知の長谷川楽器の長谷川さんやVnレッスンの小学生のはるかちゃんに”お目にかかれた”のは、プラスαのプレゼント!。

(20日夕刻 表町の長谷川楽器健在)

(19日夜 はるかちゃんの楽典レッスン 鴨井先生と)

文化創造拠点「岡山」に生まれかわる、いい予感。街が変わりそうです。次の世代も伸びています。(NH)