”すてきな家族”ですが、登場するのは お一人。

岡山市立IS小2年生のM.KEN君、昨年4月からピアノレッスン始めて、伊福教室に通っています。

今どき 珍しい?小学男子。時々ピアノレッスンの予習をしてきます(例えば新曲の譜読みを家でしてくる)。

(チェルニー・やさしい20の練習曲をレッスン中 右 新年度の出席票に貼られたシール 11月までみごと皆出席!)

「僕 ピアニストになるよ、だけど発表会には絶対でない」。え?

音楽大好き少年と思いきや、一番好きな教科は”体育”。 「サッカーやスポーツ何でも好き、走るの大好き」。他にすきなものは?「給食のコメパン!ピーマン嫌い。学校大好き、友だちもたくさんいるよ」。

「先週大阪へ行ってきたよ」、何にしに?「将棋の検定、5連勝して14級になった 将棋も大好き」。誰に習った?「パパとお兄ちゃん、お姉ちゃんは凄く強い ママは弱いよ、上のお兄ちゃんはやらない」。

M.KEN君のところ 家族は6人、4人兄姉の末っ子なんだ。

肝心の音楽レッスン、かなりまじめにやっています。いつも少し早めに教室へきて、寝ころんだりして譜読みしてます。

(左 真夏のレッスン日 この日も譜読みしている 右 聴音?)

毎回 聴音、模唱、ハノンなどくり返しから曲に入る30分レッスンはけっこう濃密。しかも、この間のキャッチボールが面白い、先生との軽妙なやりとりは読解力に優れた子ならでは、ですね。

(11月末のレッスン時 左 聴音・右 摸唱 指導は塚田先生)

お母さまは「家では遊んでばかりいる」と仰っていますが、なかなかどうして。

(音階練習を繰り返している  基礎的な練習をまったく嫌がらない)

伸びのびと明るく闊達、この屈託のなさは、家庭環境が育んでいるものなのでしょう。君の背中から、ご家族みなさんの暖かな視線を感じます。

ところでM.KEN君、将来の目標 ことしは「ピアニスト」だったけど、来年は?

これから やりたいこと、なりたい人物像が次々現れて成長していくんだよね(今年の発表会に出ないこと、ちょっと悔しいけど君なりの考えあってのこと、まあ 納得しています)。 (NH)