10月からの10%課税を目前にして、ようやく案内を始めました。

音楽塾・パソコン・写真塾レッスン生の月謝加算について、ご諒解戴く為です。

もともと良くない(市民目線)景気のさらなる後退を見据えて、ひょっとして先送りも?と思ったのですが、やるんですね。

生徒さんおひとり一人にご案内して1週間、さしたる反応もありません。

消費税の絶対額としては2%アップですが、税率比では25%も上がることになりますね(例えば¥5000月謝の8%は¥40、それが10%になれば¥50、消費税額比では25%のアップ)。

これはいずれボディブローのように効いてきます。家計的には最初にカットされるのは、やっぱり音楽レッスンなんでしょうか(不要不急?背に腹は換えられない?)。

音楽著作権料どころじゃない 文化活動経費の”非課税”運動でも興したいくらいです。JASURACは本来こちらに出番があるのでは?  (NH)