中学進学後も継続される ピアノレッスン生が増えてきて、多様なレッスンが可能になってきました。

たとえば 鴨井クラスの”6手連弾”レッスン。中学生お二人の続きレッスン時間を活用して、お互い15分持ち出して30分つくる。その時間で何を?

 

(6手連弾って難しい・・でも なんだか愉しそう)

この日のレッスン曲は、ラフマニノフの「ロマンス」。しみじみとした優しい曲想を心一つにして6手で奏でる。新しい何か、が生まれそう。演奏は中3のNKさんと中1のTMさんでした。

これは2台のピアノによるレッスン。モーツアルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」をデュオしているのは中3のEAさん。名曲の味わいがさらに深まりそうです。

(先生も生徒も白ふくめん 時節柄のレッスンスタイルです)  (HN)