気鋭の画家集団 「蒼騎会」展を訪ねて

雨の六本木は、国立 新美術館。

2016625005 2016628001

(新美術館 館内は人でいっぱい 右 蒼騎展プログラム)

友人画家 松浦正博らが主宰する「蒼騎会 展」へ、彼の健筆確かめたく

行ってきました。銀座・文春画廊で”大 個展”催して以来 数年ぶりです。

今回の作品も示唆に富んで、見応えありました(6月22日~7月4日)。

2016625007

(左・時{とき}油彩 右・昌{しょう}油彩 いずれもF100)

彼の作品は上の2点でしたが、他の320出展中 印象に残る作品から

1点のみご紹介します。

題して「音楽鑑賞会」。

2016625006

(田中 淳一作 文部科学大臣・クサカベ賞 W受賞)

何処へ 何を聴きに?友人たちと?で、どうでした? と画中の「人々に」

聞いてみたくなるような大作は F300!しばし足の止まるひと時です。

美術館や絵画展を廻る楽しみは、周りの景色まで眼線が拡がること。

今、新美術館では「ルノアール展」も併設していて大変な賑わいでした。

2016625008 2016625009

(ルノアール展は隣室で 右は 展示室前 カフェの賑わい)

栴檀は二葉より香し。

松浦君 小・中学校の美術展は特選ばかり。高校では「ヴィーナス像」の

デッサンに明け暮れていました(大学時は知らない)。一芸に秀いで且つ

謙虚な人は、どれだけ時間が過ぎても尊敬できますね、友人ならずとも。

2016628004

(松浦画伯の作品「南瓜”いのち”」油彩。 岡山・マレット西口教室ロビー

に展示、もう15年が過ぎました。21年前、阪神大地震 西宮で家屋倒壊

のなか無傷で生き残った”奇跡の絵”。その後も ずっと輝いています)(HN)

 

 

 

気鋭の画家集団 「蒼騎会」展を訪ねて” に対して1件のコメントがあります。

  1. 大塚 修司 より:

    コメントしてみました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください